雷鳥の里・・・乗鞍高原 Part2

そう言えば「雷鳥の里」と言う名前の銘菓がありますね。たまにお土産で求めることはあります。今回は買いませんでしたが(笑

夏羽のオスと雛も見たいなと思いましたが、どうも見当たりません。

ただ、このメスは物怖じしないといいましょうか人を気にしないといいましょうか。雷鳥は人を怖がることはしないと言われていますが、それにしても大胆ですね。

個人的には好ましくないと思っている足環ですが個体の識別に役立つこともあります。先ほど見かけたメスはご丁寧に両足に2個つづ、青と黄色の足環でしたが、こちらは違っています。

啄んでいる植物の種類は分かりませんがたまにこんな感じで嘴を動かしています。人間がこんなことをするとパトロールの人から怒られますが雷鳥なら当然OKです。当たり前か。

それでどれくらい人に近いかと言うと・・・

青いロープが仕切りですから本当に目の前です。スマホで撮っている人もいます。

30分位でしょうか。カメラマンや観光客にサービスしてくれた後、人が沢山いるにも関わらず仕切りを横切って姿が見えなくなりました。

いなくなるととことん見えない。まわりはハイマツなどが沢山植わっていますので隠れられたら見えないですね。まさにタイミングです。この後来た人達はまるでその姿を見ることは出来なくなりました。

一旦山を下り食事をしてから再び登りました。これはくたびれました。さすがに足に来ました。まあ、下界に比べれば涼しいとは言っても今年の夏の暑さは尋常ではありません。その影響は当然あるわけで普段よりはここもそれなりに暑いようです。

雷鳥目当てのカメラマンも結構いてそれなりに皆でウォッチしているのですがやはり出てこない。しばらくして下の方でウォッチしていたカメラマンの方からこちらに出ているよと連絡を聞きつけて、汗だくになって沢を下っていったのが14時45分ころ。

どうやらこちらでは雛が先ほどまでは出ていたようなのですが管理人は撮りそびれました。なんでも雛を連れて通路を渡って反対側に行きたいのではということなのでそれ待ちになりました。

帰りのバスの時間も気になります。遅くとも16時05分のバスには乗りたいので時間との勝負です。

が、残念・・・時間切れです。

まあ、次もあるしと思い直して畳平を後にしました。

常宿の女将が言っていましたが、一般車両の通行を規制してから雷鳥の出現頻度が高くなったとか。人をあまり恐れない雷鳥も大量の車が押しかけるとやはりなんらかの影響を受けていたのかもしれません。地元バス会社の優遇政策だと見方によっては出来るかもしれませんが、管理人もやはり一般の車は規制した方が好ましいと思います。この畳平に大渋滞が発生したらと思うと・・・まあ管理人なぞは絶対に来ませんね。

さて、普段は真逆な動きをしている台風も近づいて来ています。どんな影響があるか未知数だとか。こちらの天気も明日からは悪くなるようです。明日の朝は宿で朝食を摂って早々に帰ることにします。

一夜あけて・・・

そんな訳でちょっと慌ただしかったですが来年も来たくなるのでないかと思いつつ、乗鞍高原から撤収と相成りました。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
通知する
guest
2 Comments
oldest
newest most voted
Inline Feedbacks
View all comments
dico
dico
3 years ago

初めまして。素晴らしいお写真の数々、いつも楽しみにしております。
私も近く乗鞍に初めて行こうと思っています。
ライチョウの写真はどの様な機材(三脚の有無やレンズの換算焦点距離など)で撮影されたのか差し支えなければ教えて頂けますでしょうか?
初めてなのでどの様な機材が必要か分からず悩んでおりました。
お手数をお掛けしますが、ご教示頂けたら幸いです。